オスカー・トゥアゾン&ガーダー・アイダ・アイナーソン
Oscar Tuazon & Gardar Eide Einarsson
Sex Booze Weed Speed

17 DEC 2010 – 20 FEB 2011


ラットホールギャラリーでは、2010年12月17日(金)より2011年2月20日(日)まで、オスカー・トゥアゾンとガーダー・アイダ・アイナーソンの二人展「Sex Booze Weed Speed」を開催いたします。本展では、両作家が当ギャラリースペースにあわせてサイトスペシフィックなインスタレーションを行います。

オスカー・トゥアゾンは1975年シアトル生まれ、2007年よりパリに在住しています。トゥアゾンの作品は、彫刻作品でありながら、展示される空間を建築的に変容させます。作品に使われる素材は建築資材や工業製品だけではなく、彼自身が自然の中や道路で拾ってきたものも含まれます。そうした特別でない素材を使って、日曜大工(Do It Yourself)の精神とも言える実践を通して、展示空間の中に建築への問いかけとして構造物を作り上げます。彼のインスタレーション作品は身体的であり、自立し、独立するものです。コンセプトからではなく、限られた空間的および物理的な諸条件をもとに、身体を使って作品を作り上げることは、トゥアゾンが建築現場から学んだことでもあり、現在も彼の作品制作において重要な要素です。スタジオを持たず、多くの場合に現場で作品制作を続ける彼は、今回もラットホールギャラリーの空間の特質を利用しつつ、全く異なる空間へと仕立て上げる立体作品を展示する予定です。

ガーダー・アイダ・アイナーソンは1976年オスロ生まれ、現在はオスロ、ニューヨークと東京に在住し活動しています。アイナーソンの作品は白黒のペインティング、ポスター、旗、写真、ビデオなど、様々な素材を使った平面作品が中心です。テーマとなるのは、権力や犯罪など、「管理社会」にまつわることであり、コミックや公的機関のアンケート用紙、既存のテキスト、車用のステッカーなどといったイメージを引き伸ばし、切り離し、組み合わせたりすることで、洗練されながらも皮肉に満ちたかたちで、権力やその両義性に対して問いかける作品を制作しています。彼の作品は、こうしたイメージの流用において、サブカルチャーやポップアートの影響が見られる作品でありながら、同時に美術史における絵画作品への考察を含んでおり、マレーヴィチやラインハルトといった幾何学的な抽象絵画の流れを汲むものです。今回は、80年代サブカルチャーに登場した護身術のマニュアル本のイメージを基に、白と黒を基調にしたシルクスクリーンをカンヴァスに転写した作品を発表します。

トゥアゾンとアイナーソンはホイットニー美術館(ニューヨーク)のインディペンデント・スタディ・プログラム(2001〜2002年)で出会い、そこで初めて共同で作品制作を行いました。また同時期、ヴィト・アコンチのもとで、ともに制作活動を行っています。以来、それぞれソロでのキャリアを積み重ね、数多くの個展・グループ展を世界中で開催しています。2006年には、政治的な物議を醸した70年代のスキャンダル誌を複写した共同作品をホイットニー・ビエンナーレで発表するなど、いくつかのプロジェクトを共同で行っている彼らですが、二人展というかたちでの発表は今回が初めてとなります。立体作品と平面作品という次元の異なる二人の作品が、ラットホールギャラリーのニュートラルな空間に大胆に介入することで、異空間を生み出します。

◆展覧会にあわせて、トゥアゾンとアイナーソンの共同制作による、両作家の写真作品を中心とした書籍をラットホールギャラリーから刊行いたします。

 

Oscar Tuazon, Sex, 2010, Installation view, Jonathan Viner Gallery, London
Oscar Tuazon, Untitled, 2010, Installation view, Kunsthalle

Gardar Eide Einarsson, ANOTHER MODERN MOMENT COMPLETED, 2010, Installation view, Team Gallery, New York

 

Copyright © 2009 RAT HOLE GALLERY