Nobuyoshi Araki  荒木経惟
センチメンタルな空

24 AUG – 7 OCT 2012


ラットホールギャラリーは2012年8月24日(金)より10月7日(日)まで、荒木経惟展「センチメンタルな空」を開催いたします。本展では、3000 枚の空の写真で構成された映像作品「三千空(さんぜんくう)」の上映に加え、自宅のバルコニーを30 年近くにわたって記録した「愛のバルコニー」シリーズからの写真作品を展示いたします。


荒木経惟「三千空」より
ビデオ・インスタレーション
2012年

1990年に愛妻ヨーコが亡くなって以降、空の写真を撮影することが日課となった荒木にとって、空とは自分の心を映す鏡でもあります。空の表情の変化は、淡々と過ぎてゆく日常、そして人生の似姿でもある、私的なものだ、と荒木は話します。荒木にとって写真そのものが私小説であるように、空の写真は他の誰のものでもない「自分の空」、つまり「私空(しくう)」なのです。

このほかに、さまざまな愛を刻んできた自宅バルコニーを1983年から2011年まで記録した「愛のバルコニー」の写真作品を約40点、そしてヨーコを描いたシルクスクリーン作品を3点、展示いたします。

これまでも数々の作品に登場し、荒木にとって特別な場所であったバルコニーのある自宅を、昨年去ることになりました。ヨーコとの最後の日々を記録した写真集『センチメンタルな旅 冬の旅』(1991年)、そしてチロとの別れを綴った写真集『センチメンタルな旅 春の旅』(2010年)に続いて、本展「センチメンタルな空」でもまた、ひとつの愛の物語の幕が描かれています。

展覧会に合わせまして、ラットホールギャラリーより写真集『センチメンタルな空』を刊行いたします。
荒木経惟写真集『センチメンタルな空』
2012年8月24日発売
170頁、4,500円+税
発行:RAT HOLE GALLERY


荒木経惟「三千空」より
ビデオ・インスタレーション
2012年


荒木経惟「愛のバルコニー」より
B&W プリント
2012年

 

Copyright © 2009- RAT HOLE GALLERY