アン・コーリアー

Women With Cameras

Nov 11, 2016 – Feb 19, 2017


ラットホールギャラリーでは 2016 年 11 月 11 日から 2017 年 2 月 19 日まで、 アン・コーリアーの個展を開催いたします。本展は、日本で初めて彼女の作品を目にすることができる機会となります。


Anne Collier
Women With Cameras (Anonymous), 2016
35mm slides, 35mm slide projector, pedestal stand, and base
Dimensions variable
Courtesy of the artist; Anton Kern Gallery, New York; Corvi-Mora, London; Marc Foxx Gallery, Los Angeles; The Modern Institute/ Toby Webster Ltd., Glasgow; Galerie Neu, Berlin © Anne Collier

1970 年ロサンゼルスに生まれ、現在はニューヨークを拠点に活動するアン・コーリアー は、この 15 年、知覚や表象の問題、そしてイメージの流通の仕方を追究し、写真の本質や文化を考察した多様な作品を制作しています。彼女の作品は常に蒐集と調査にもとづいており、ジェンダー、自伝、ノスタルジア、そして彼女が「ポップ・メランコリア」 と呼ぶものと、写真との関係が考察されることで、写真の複合的な歴史と深く交わる場所で生み出されています。

本展では、新作のスライドプロジェクションWomen With Camera (Anonymous)(2016) が発表されます。本作は、アマチュアが撮影した 35mmフィルムのスライド 80 枚で構成されており、各写真には必ず、写真を撮影している、またはカメラを構えている女性が写されています。蚤の市やインターネットオークションで長年にわたって彼女が探し出したそれらの写真は、1970 年代から 2000 年代初期、すなわち写真のデジタル化の直前期(そしてカメラ付き携帯電話が広く行き渡る以前)のものです。

それらのファウンドフォトはそれぞれ、匿名の個人によって私的または公的状況で記録された、他者の人生の一場面を写し出しています。そして、オリジナルの写真はすでに、その本来の所有者によって廃棄されています。この(写真の、そしてそれが表象する私的な歴史の)「廃棄」という行為は、本作の核を占めています。つまり、記憶/忘却と写真の関係こそが本作の焦点なのです。そしてそれらの写真は、本作においてスライドプロジェクションされることで、写真的時間(つまりは静止画)を、映画がもつ持続的時間(つまりは動画)へと接近する何ものかへと賦活されています。





All images:
Anne Collier
Women With Cameras (Anonymous), 2016
35mm slides, 35mm slide projector, pedestal stand, and base
Dimensions variable
Courtesy of the artist; Anton Kern Gallery, New York; Corvi-Mora, London; Marc Foxx Gallery, Los Angeles; The Modern Institute/ Toby Webster Ltd., Glasgow; Galerie Neu, Berlin © Anne Collier

 

Copyright © 2009- RAT HOLE GALLERY